コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<足利事件>捜査チェック不十分…最高検報告書(毎日新聞)

 再審無罪が確定した足利事件について最高検は1日、捜査・公判の検証報告書を公表した。同日午前に公表された警察庁の報告書と同様に、DNA鑑定の証拠価値判断を誤り、無罪が確定した菅家利和さん(63)の自白を虚偽だと見抜けなかったと自戒した。警察捜査をチェックできなかった実態を示すとともに、真犯人らしき男の目撃証言を得ながら検察官が目撃者に確認しなかった事実を指摘した。

 ◇「犯人目撃」確認せず

 最高検の報告書は、逮捕時のDNA鑑定における同一人物の出現頻度(別人でも一致の確率)は190人分のサンプルに基づき1000人中8.3人(血液型検査加味だと1.2人)だったが、控訴審の時点ではサンプル数が957人分に増え1000人中35.8人(同5.4人)になっていたと指摘。

 現場の栃木県足利市だけでもDNA型・血液型とも一致する男性は約100人に上り「犯罪が可能と考えられる男性は相当数」なのに考慮しなかったと批判した。

 殺害状況などの供述が変遷し、自白の客観的な裏付けがないことや、逮捕直後の拘置質問で裁判官に「答えたくありません」と述べていた点にも触れ「自白に対する吟味が不十分。菅家氏が真犯人ではなく虚偽自白をしたのではないかとの観点からの検討が必要だった」と指摘した。

 事件当日、被害者とみられる女児と一緒に歩く犯人らしき男を見たという証言を警察が2人から得ていた事実にも言及。「自転車に被害女児を乗せた」という自白に合致しないことから、主任検事が2人に確認しなかったことを批判した。【三木幸治、鈴木一生】

【関連ニュース】
足利事件:栃木県警が会見「改めておわび」
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒
足利事件:捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で

駅トイレに侵入し、女性襲う 容疑で少年を逮捕(産経新聞)
<森林面積>消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林(毎日新聞)
<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応-外相会談(時事通信)
<覚せい剤>使用罪の赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コアジサシの営巣地整備 大田区昭和島(産経新聞)

 今年も帰っておいで-。絶滅危惧(きぐ)種に指定された渡り鳥、コアジサシの営巣が確認されている都下水道局森ケ崎水再生センター(大田区昭和島)屋上で27日、ボランティアら約40人が草取りなど営巣環境の整備作業をした。

 カモメの仲間のコアジサシは、初夏にオーストラリアなど南半球から飛来し、砂利の河原や砂浜など見晴らしのいい場所に浅い穴を掘って産卵する。埋め立てなどで営巣に適した場所が失われ、個体数が減っている。

 広さ約7ヘクタールある同センターの屋上で営巣しているのが確認されたのは平成13年6月。鳥を追いかけて偶然見つけたNPO法人「リトルターン・プロジェクト」代表の増田直也さんは「ここまで追いつめられたのか」と驚いたという。

 増田さんらは翌年春から屋上での整備作業を続けており、営巣地は当初の約2ヘクタールから昨年は約6・2ヘクタールまで広がった。今回初参加した女性(55)は「腰が痛くてつらいけど、子育てするコアジサシの姿を見られれば報われる」と話した。

<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)
吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)
<倉吉市長選>石田耕太郎氏が初当選 鳥取(毎日新聞)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<消費者庁>こんにゃくゼリー対策 窒息事故で初会合(毎日新聞)

 消費者庁は24日、こんにゃくゼリーによる窒息事故への対策を検討する「食品SOS対応プロジェクト」の初会合を開いた。1カ月をめどに、こんにゃくゼリーの販売実態調査や商品の形状、弾性などの試験を実施することを決めた。6月ごろまでに、法規制を視野に安全対策をまとめていく。

【関連ニュース】
のど詰まり:食品安全委が提言見送りへ
食品安全委:のど詰まり多い食品、提言見送りへ
窒息:餅、こんにゃくゼリー、アメ、パン… 少量よくかみ、防ぐ

埼京線、大宮-池袋間再開=JR東(時事通信)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
押収注射器からメタミドホス…毒ギョーザ(読売新聞)
<新入社員>目指す役職は?…「興味なし」が男性で初の首位(毎日新聞)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。